近所に新装開店した激辛ラーメン店に初めて行った話の続きです。

それにしても、店の入り口に特大の「激辛!旨辛!」ののぼりがやけに目立ちます。

サイズとしては、大相撲である、あののぼりと同じサイズのような気がします。

のぼりってだいたい規格品があって、サイズも決まっているような気が勝手にしていたんですが、こういうのもあるんですね。

もともと平屋のファミレスだったこともあって、屋根がそれほど高くないので、のぼりがやけに目立ちます。

これも作戦なのかな?

で、頼んだのは中くらい、つまり普通の辛さの「中辛」ラーメンです。

ベースの味がなんなのかというのが、ちょっと不安でしたが、食べてみると・・・・これがなかなか美味しい。

味のベースは韓国ラーメンにも似た、カルビスープ系の香りがします。

ただし、味噌とゴマも使ってあって、かなりコクのある作り。

溶き玉子が入っているのですが、これが辛味ととてもうまく調和している感じがします。

一番オーソドックスなものを頼んだので、野菜はホウレンソウともやし、そしてねぎというシンプルなものでした。

トッピングで煮卵もありましたが、個人的には溶き卵があるので要らない感じ。

珍しいのが、紅ショウガが置いてあるところ。

これって、ちゃんぽん系ではよくあるんですが・・・・。

私は使いませんでしたけど、これはつけ麺用なのかな?

味としては、なかなかイケます。

激辛ラーメンで勝負というのもわかる気がしました。

あっという間に平らげて、しかも汗びっしょり。

代謝のいい方なんで、すぐに汗が出てしまうんです・・・・